ガールズトレンド

旬のトレンドネタを追っかけ!!

古本を売れるフリマアプリ比較!メルカリとブクマ!どっちがお得?

不用品を売ってお小遣い稼ぎは定番になってきましたね♪

洋服や小物、美顔器等…

もう飽きちゃったor持っていても使わない

ならば、潔く断捨離して売っちゃいましょう!

 

今回は古本に特化して

フリマアプリ「メルカリ」と「ブクマ!」を比較します!

 

f:id:chiyochiyopon:20170127180114j:plain

 

フリマアプリと言えばメルカリですが

「古本」を売る場合メルカリとブクマどっちが

お得なんでしょうか?

ちなみにブクマは“いらなくなった本を売るフリマ”に

特価してアプリです。

 

はたしてお得なのは

業界最大手のメルカリなのか

古本に特化してブクマなのか?

違いをまとめます。

 

メルカリアプリの特徴

・日本最大のフリマアプリ

・とにかく品数豊富。

・出品する側、購入する側双方使いやすい。

 

メルカリ手数料

・基本手数料は無料。

■出品者
・売れたときの手数料:販売価格の10%
・貯まった売上の1万円未満の引き出し手数料:210円 (1万円以上の場合は無料)

■購入者
・支払い方法をコンビニ/ATM/キャリア決済にした場合の決済手数料:100円
※クレジットカード/売上金/ポイントによる購入の場合、手数料は一切かかりません

f:id:chiyochiyopon:20170127181003j:plain

メルカリで古本を出品する手間暇

・写真を撮影して詳細を記載

・本に特化したわけではないので、通常出品と変わらない手間

 

メルカリで古本を出品した場合の売れやすさ

・本や雑誌専門のアプリではないので売れやすいわけではない。

しかしユーザー数と言う分母が桁違いなため、他の市場より売れやすい。

 

お客さんとトラブった場合

・とにかく運営が間に入ってくれる。

・【実体験】トラブルではないが、カスタムサポートに問い合わせたら翌日には返信があったのでちゃんと対応してくれるみたい。

f:id:chiyochiyopon:20170127181403j:plain

メルカリアプリ

Download

 

 

ブクマアプリの特徴

・業界初、本のフリマに特化したアプリ

・最短10秒出品が売り

・andoroid未対応(2017.1現在)

 

ブクマアプリの手数料

・基本手数料無料キャンペーン中

(キャンペーンはいつ終わるかわからない)

f:id:chiyochiyopon:20170127182012j:plain

ブクマアプリで古本を売る手間暇

・さすが10秒出品をうたっているだけあってバーコードスキャンで出品は楽

・雑誌もバーコードスキャンで出品できる

 

ブクマアプリで出品した場合の売れやすさ

・本/雑誌や教科書、辞書など「本」に特化しただけあって本は売れやすいがユーザー数が少ないのが問題。

 

お客さんとトラブった場合

・ブクマを運営しているのは下記の会社

社名 株式会社Labit ( 英表記: Labit Inc. )
設立 2011年4月1日
役員 代表取締役 鶴田浩之
従業員数 12名
所在地 東京都渋谷区桜丘町 4-14 VORT渋谷桜丘 11F(受付), 12F
(旧称 R-SAKURAGAOAKA )
事業内容 インターネットサービス事業、アプリ事業、書店・飲食店事業
資本金 45,483,725円 (資本準備金 34,112,775円)

 

注目なのは従業員12名ってとこ。

トラブった場合の対応は大丈夫なのだろうか…。

 

ブクマ!アプリ

ios↓

Download

 

メルカリとブクマ!比較まとめ

メルカリは4000万ダウンロードを突破しています。

4000万人ユーザーと言えば、東京の人口の約4倍と考えれば

どれだけスゴイ数の人が使っているかわかりますね。

物を買いたい場合はかなりの品ぞろえがあるでしょう。

 

一方ブクマはまだまだユーザー数がいないのですが

「本」に特化しているので、本好きな人が利用しています。

また出品しやすさもありますね。

 

では、高く売れる方はどっちなのでしょうか?

答えは「売るものによる!」です。

 

メルカリのユーザー数を考えると

売れやすいのはメルカリでしょう。

しかしメルカリで買うのは、本好きな人と言うわけでもなく

一般的なお客さんが相手です。

 

もし貴方の売りたいものが

・専門書である

・この本の価値を分かってほしい!

・コンディションがいいから1円でも高く売りたい!

と、言うことであればブクマ!で売ってみるのも有りです。

 

しかし

・早く売りたい!

・安くてもいいからちゃっちゃと買い取ってほしい

等の、値段や価値観よりも売れやすさで言えば

まだまだメルカリの方が上です。(4000万ダウンロードは半端ないです)

 

多少面倒でなければ両方に出品するのもいいでしょう。

片方で売れたら、もう片方の出品を直ぐに取り下げればOKです。

メルカリでもブクマ!でも購入前に一言メッセージ下さいと書き添えれば

余計なトラブルも起きませんしね。

 

手数料で言えば

現在はどちらも変わりません。

 

貴方の家に眠っている

・大学の教科書

・子供の頃読んだ絵本

・角が折れちゃった雑誌

・表紙が有名人のフリーペーパー

等も需要があります。

 

え?これ売れるの??

なんて思うものでも好きな人にはお金を払ってでも欲しいものなので

とりあえず出品してみるのもいいですよね。

とにかく今は出品手数料がかからないキャンペーン中なので

今のうちに片っ端からだして

いらないものをお金に変えちゃいましょう!

 

メルカリアプリ

メルカリアプリ

Download

ブクマ!アプリ

ios↓

Download

メルカリもブクマも売れない!最終手段アプリ

 

メルカリで出品してもブクマ!で出品しても売れないとお嘆きのあなたは

第三のアプリ「フリル」と「モバオク!」にもチャレンジしてみましょう。

どちらもダウンロード、登録手数料無料なので試してみる価値はありです。

f:id:chiyochiyopon:20170608091810p:plain

androidダウンロード

iosダウンロード

f:id:chiyochiyopon:20170608092014p:plain

androidダウンロード

 

フリルのいい所は

値引きをした場合に通知が来ることです。

これは売る側にとっても買う側にとってもいいサービスですね。

また、フリルはレビューの総合評価が高く

ユーザー満足度が高いです。

 

モバオクはモバペイを使うと手数料がかかってしまいますが

その手数料はトラブルに合った時の保険だと思えば

運営資金の一環と言うことで納得できますね。

個人取引ではトラブルが一番やっかいですからね…( ˘•ω•˘ )